【宮崎美子】熟女という定義を破る、清々しいセクシー

20数年ほど前、代々木上原駅でたたずむ、

「この高貴な女性は誰?」

と思わず見つめてしまった女性は、宮崎美子さんでした。

 

ミノルタ(現 コニカミノルタ)のカメラのテレビコマーシャルで一世風靡した後の彼女でしたが、一世風靡した頃とは違う、むしろその頃よりも神々しさ、美しさが増した彼女でした。

 

その彼女が、また生まれ変わりました。

 

 

 

60歳を超えているとは信じがたい、清廉な、いやらしさの無い美子さん。

ここで言う「いやらしさの無い」というのは。

 

いやらしさが無い パート1:エロさではなく、女性の美しさ

いやらしさが無い パート2:年齢を重ね、需要もなさそうな女子が一攫千金とばかり表に出ようとする「稼ごう」とするいやらしさが無い

 

 

「いい年して、写真集?」

などと非難された女優、タレントなど過去にいたと思うけど、

そんな過去の女子たちのいやらしさが全く感じられない、宮崎美子さんの存在。

うれしい。

 

だろ? お前!

 

 

MGS

おすすめの記事