織田真子のおっぱいほどエロいものはない

親父の連れてくる愛人、織田真子。

 

ある暴風雨の夜、親父から「電車が止まって帰れない」との電話。

びしょ濡れになった愛人だけが、俺の家にやってきた。

 

玄関で彼女を介抱するも、びしょぬれの服の奥には、エロ本でしか見たことないような、豊満な、エロいオンナの身体が。

我慢できず・・・。

 

 

 

織田真子の呼び方は「おだまこ」です。

漢字4文字=ひらがな4文字です。

 

 

 

 

暴風雨 親父の女と二人だけの夜 織田真子

ad

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事