見たくない、見たいとは思わない、見たくて仕方がないパンチラ

ブサイクなパンチラ、見たいですか。

親族の女子のパンチラ、見たいですか。

藤原紀香のパンチラ、見たいですか。

・・・

わたしは、さほど見たいとは思いません。

(以下、パンチラ、胸チラ、ランジェリーショットなどなど、セクシーな画像を総称してパンチラと表現します。)

以下、パンチラ、胸チラ、ランジェリーショットなどなど、セクシーな画像を総称してパンチラと表現します。

 

 

1.見たい・見たくないの違い

 

わたしの感性、嗜好で分類してみようかな。

分類 説明
見たくないパンチラ ブサイク、清純派アイドル、身内・親族、高年齢
見たくなるパンチラ 美人、かわいい、ミニスカート、身内じゃない

 

「説明」欄に書いた要素は、今パッと思いついたものです。

以下、説明してみます。

同感いただけるのかどうか。

 

 

2.見たくないパンチラはどんなのか

 

(1)ブサイク

ブサイク(不細工)、ブスな女子のパンチラは見たいとは思わないです。

たまたま見えたとしても、「うわぁー、見えてもうた・・・」って感じです。

悪夢にうなされた後、みたいな。

 

でも、だからといってブサイクであっても、そそるルックスみたいなのはあります。

ブサイクか否か、そそるか否か、この区別は人に依る(よる)からなあ。

難しいです。

大久保佳代子のパンチラが見たいか否か、という観点に近いかもしれません。

あくまでわたしの場合、ですけど。

 

(2)清純派アイドル

年代によりますけど、「清純派アイドル」って見たいとは思わない場合って、ありませんか?

現代の清純派アイドル、AKB48のアイドルのパンチラが見たいかどうか。ってところかな。

 

年齢が上になると、薬師丸ひろ子、松田聖子、中森明菜、菊池桃子・・・あたりでしょうか。

違和感、反論、ありましたらコメントください。

 

わたしはアラフィフですが、薬師丸ひろ子のパンチラって見たいとは思わないなあ。

見えたとしても「見なかったことにしたい」「薬師丸ひろ子を大事にしたい」みたいな感情が発生します。

 

チラリズムという言葉、概念って、浅香光代という女優から生まれたらしいです。

彼女を知ってるおじさんたち(わたしを含む)からすると、一気に萎えてしまうなぁ。

浅香光代、高年齢・・・次項に続く。

 

(3)身内・親族

身内の若い女性のパンチラって、見たいと思いませんよね。

姉、妹、いとこ、娘・・・。

なんか、AVを想像してしまいました。

近●相姦というジャンルがあるくらいですから、親族でもそそる人もいるかもね。

ただ、犯罪というか、血が濃くなるというか。

 

(4)高年齢

おばあちゃんのパンチラって・・・、想像もしたくないね。

でも、五月みどりのパンチラは見たいなあ。

胸チラも見たい。(あくまでわたしの場合ですけど)

 

(5)お笑いタレント

お笑いタレントはどうでしょうか。

わたしが見たくない、と頭に思い浮かべるのは。

イモトアヤコ、いとうあさこ、ゆりやんレトリィバァ、バービー(フォーリンラブ)、ガンバレルーヤ。

 

微妙なのは。

クワバタオハラ、友近、尼神インターの渚あたりかなあ。

 

どこが基準となるのか、そもそも基準なんてあるのか。

自分で書いていながら、混沌としてきました。

 

パッと頭に思いついた名前を書き並べたのですが、どんどん名前が浮かんで、終わらなそうな感じ。

また日を改めて書きましょうか、このネタ。

 

 

3.見たいパンチラはこちら

 

みたいパンチラ、管理人のおすすめはこちら。

見に行け!

 

 

 

文字ばかりの記事でごめんね。

ad

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事