JKの日常こそが、最高のコンテンツ:夏休みが終わります

先週から今週にかけて、街が賑わってきました。

通勤ライフが充実してきた感じ。

 

いや、なんのこともない。

JKが街に戻ってきました。

通学のための電車。

 

緊急事態宣言の何が悲しかったかって、それは街から女子が減ったこと。

いや、いなくなったこと。

人が減るだけなら、なんも影響ない。

でも、女子がいなくなるだけで、なんでこんなにエネルギーがなくなるの?と自問自答したくなってた。

 

宣言が解除されたり緩和されたりして、少しずつ街に人が戻ってきた頃。

駅に、太ももが出現するだけで「ウォー」と喜んでた。

最初はOLだけ。しかもミニスカじゃなくて、セクシーのかけらもないフツーの太もも。

それだけでも、イケた。

 

少しずつ、OLが増え、かわいい女子も出現するようになった。

そしてついに、JKがまた戻ってきた。

あのときの感動、興奮はなかったね。

 

そして、この夏休みの終了。

JKがまた、あのときのように街に戻ってきた。

 

 

 

学校の制服を着用した女子、女子高生。

もう、それだけでエロコンテンツ。

 

夏休み終了、ありがとう。

 

 

 

MGS

おすすめの記事