通勤時にJKはアカン。彼女の醸し出すエロに思わず・・・

通勤は苦しいもの。

痛勤と表現されることもありますよね。

でもそんな毎日でも少しだけ聖水(せいすい、きれいな水)が湧く泉に出合うこともあります。

今はコロナ禍、電車通勤もしづらい状況です。数年前の変態の体験です。

 

その日は、たまたま会社まで車で通勤することとなりました。

車は楽ちんちんな分、JKやタイトスカートのOLを見れないなあ。

せめて、電車の沿線のあの学校の近くを通る道を車で走ってみるか、ダメもとで。

 

そんなことを考えながら、とある駅に近づいてきて、気付きました。

「お、普段電車に乗ってる時間帯だな。あの娘、歩いてないかな」

あの娘とは、時々同じ車両に乗り合わせる、その学校のミニスカのJKです。

 

かわゆい真野恵里菜ちゃん。もちろん記事とは無関係

 

期待すればするほど取り逃がす経験の多いオレのこと。
期待せず、でももし彼女がいたらいいな、ってことで、ズボンのジッパーをおろし、中からドクドクし始めたアレを取り出して。

でも、ヤバいことになるとヤバいので、上からタオルをかけて隠した状態で運転しました。

 

ダメだとわかっていながらも、近づくと興奮するものです。
タオルは徐々に盛り上がってきました。

そして、なんと奇跡的に、ミニスカのあのJKを見つけたのです。

 

決して美形とは言えないけど、独特のセクシーを発する彼女。

車の中からなので、視線を気にせず彼女を凝視しました。

スマホに夢中のJK。

 

 

そういえば、全身の彼女を見たことがなかったな。

あらためて見ると、ミニスカ、そこから伸びるエロい太もも、そこから発せられるエロいフェイス。

見事なエロJKです。

 

タオルの下に手を伸ばした瞬間、なんと。暴発。

徐行しながら彼女を横目で鑑賞、そして通過。

車内が汚れないよう、そして臭いが残らないよう、タオルで吹き上げました。

 

ありがとう、JK。

キミのおかげで素敵な朝のスタートが切れました。

キミの肢体が頭から離れず、会社のトイレでもう一回発射したのでした。

 

 

MGS

おすすめの記事